一日入院

実は、1月初めの血液検査で貧血の数値が少しずつ減っていました。
原因を調べるために16日に経鼻内視鏡検査を受けた結果
シメジのような形のポリープを発見。
先生は「私の経験上これは悪性ではないでしょう」と言われましたが、
そんな物を胃袋の中に持っておくのはいやなので切除してもらうことにしました。
そこで30日に今度は経口胃カメラで手術、初めての経験でした。
まず、のどに麻酔をするためにすごく不味い薬を喉の奥に含んでしばらく待ちます。
麻酔の効き具合をみながらさらにスプレーで薬を注入。
もう「まな板の上のコイ」状態です。

カメラがのどを通る時、何度も何度も「オエッ、オエッ」に襲われながら涙目になりながら耐えました。
時間的には30分ほどだったと思いますが、胃の中から2センチほどの物体がつまみ出されました。
後は検査の結果が気になるところですが・・・  

             Byouinn20131

画像は当日の昼ごはん。
私は昼は絶食だろうと思っていました。
ついさっき11時頃にポリープを切り取った痕をホッチキスのような物で留めたばかりだというのに、
もうこんな全粥の食事が出されるとは・・・ビックリ!!
でも昨夜の9時以降食べ物を口にしていないので、出されたものは完食。
夕食も、翌朝食ももちろん完食。
味付けは我が家のものよりかなり薄味。
これから味付けに気をつけようと思いました。

朝食後、9 時過ぎには退院の許可が出て丸一日の入院生活は終わりましたが、
家に着いたら夫が昨夜食べ物を温めながら忘れていて
お鍋を真っ黒に焦がした残骸や食器がそのまま流しにありました。
でも、毎日煩わしいことがあってもやっぱり家が一番。
病院での一日はとにかく長かった~
                

| | コメント (4) | トラックバック (0)

他人事ではないね

今朝、ごみ出しのついでに土筆を一握りほど採って帰ってくると
見知らぬ老人(男)がうちの敷地内をウロウロしていました。
「何かご用でしょうか?」と訊ねるとなにやら様子がおかしい。
ここは自分の畑だとかいいながら石を拾ったり、
置いてある自転車をもって帰ろうとするし・・・言ってることが要領を得ない。
認知症を患っていることは明白です。 
長靴を履き衣類は泥で汚れています。
どこかで転んだりしたのでしょうか?

もしかしたら家族から捜索願が出ているかもしれない。
私は思い余って警察に電話しました。
まもなくおまわりさんが来て、住所や名前、生年月日など聞いていました。
それらをスラスラと言えるのですが、住所はなんとお隣の広島県(県境から近い)
年令は昭和7年3月生まれだと言っていたので78才。
どうやってここまで来たのでしょう。

荷物は何にももってないようだったけど、まさか電車で?
その人の住む町の駅から乗車して我が家の裏の駅で降りたのだろうか?
数分後出てみると老人の姿もパトカーもいませんでした。
多分パトカーで連れ帰って身元を調べてもらったのだと思います。
無事家族の元に帰れてるといいけど。

私たちだって認知症を発症しない保障はありません。
そういう事態になった時どうすればいいのか、解決策は思い当たりません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

流しびなに願いを託して

2009nagasibina1_22009nagasibina2_23月22日(日)今年3回目を迎える流しびなのイベントが ありました。
私は去年に続き2回目の参加です。
今年は体調に不安があったので先日の検査結果が良好であるよう祈る気持ちで紙の人形を流しました


Dscn0652_32009nagasibinaodori2_3きょう、心エコー、ホルダー心電図、  造影剤を入れて冠動脈のCT検査などの結果を聞きに行ってきました。
診断は今すぐペースメーカー埋め込み手術をしなくてもよく、6ヵ月後にまた検査を受けることに・・・
CT検査では血管は狭くはないということでひとまず安心しましたが、
時折起こる胸痛についてははっきりせず、不安は残ります。

人間、明日のことは分かりません。一日一日を大切にしたいですね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不安がひとつ消えて

Save0007 今週は火曜日から今日まで連日の病院通い。
 火曜日・・・肺のヘリカルCT撮影
 水曜日・・・皮膚科
 木曜日・・・眼科
 金曜日・・・CTの結果を聞きに、この数日、気分の晴れない日を過ごしていたが
いよいよ今日は結果がわかる日
胸部レントゲンに白く写っていた丸いもの、癌かもしれない。もし入院となったら・・・など悲観的になり心配して一人落ち込んでいた。
               Photo_2先生の前で胸はドキドキ。「心配ないですよ」と、先生の言葉が嬉しくて
何度も何度もお礼を言った。
あ~、よかった。

きょうは無性に絵手紙が描きたい気分になったけど結局2枚しか描けなかった。
たまにしか描かないから上達しないのよね。ちなみに、かぼちゃの絵は先日買った竹ペンなるものを始めて使ってみましたが、思い通りに動いてくれません。 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

老化現象?

大変長らくご無沙汰してしまいました。久しぶりの更新です。

このところ、病院の科を掛け持ちで、度々通院しています。
町立病院が我が家から近い所にあるのが出不精の私にはとってもあり難い。
地方の田舎町のことで名医がいるとはいえないけれど、難しい時には大きな病院を紹介してくれるので頼っています。

私の持病となってしまった不整脈(内科)に加え、ドライアイ(眼科)・骨粗鬆症予防(婦人科)の薬・指に出来たウイルスによるイボ(皮膚科)・そして今回のすね痛(整形外科)
なんとまあ、5つもの科、自分でも驚いてしまいました。

今日診察を受けた整形外科では、この間の外科でのレントゲン写真から骨が少しちびていると言われました。
解りやすく言えば、年を取ってしわが出来るのと同じことだと・・・・・
加齢は避けられないことだけど何だかこれから先が不安(;>_<;)
きょうはリハビリをしてもらって帰りました。
リハビリ体験は初めて。 
先ず患部を20分くらい温めてそれから足を伸ばしたりマッサージしたり。
心なしか、少し痛みが楽になったような気がする、単純な私です。
しばらく週1回通うことになりました。

今年の夏は猛暑だと発表されていたのに、今度は冷夏だとか。
どっちにしても、梅雨明けの発表と同時にこのたまらない暑さ。
私は顔から汗がしずくのように滴り落ちるのがとっても不快。
これも更年期障害なのかな?

Dscn0195 画像は先日の絵手紙の日に夏の花を描くつもりで持って行った無地の扇子に先生がさらさらと描いてくれた松の絵。
女性向ではないですよね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

煎り米ぬか

Photo_22 2ヶ月ぶりです。長い間怠けてしまいました。やっと税理士さんから決算書類を受け取り、きょう諸々の税金を納めほっと一息つけそうです。

 それにしてもよく降りますね。早くお日様の顔を拝みたいです。各地で大雨の被害が出て、目を覆いたくなるような惨状が映し出されていますが、心からお見舞い申し上げたいと思います。

 本題ですが、先日姪から「おばちゃん、前に作ってもらった煎り米ぬかを作って・・・」とのメール。頼まれればいやとは言えない私は、早速、自動精米所(無人)でぬかをもらってきました。先ずふるいにかけたぬかをフライパンで焦がさないように気長にから煎り、香ばしい香りがすれば完成。さめるのを待って郵送しました。

 この方法は全くの自己流ですが、姪からのメールでは便秘がたちまち解消したとのこと。牛乳と混ぜて飲んでいるというが、きな粉牛乳とよく似ていて抵抗なく飲める。米ぬかから抽出したこめ油がコレステロールを下げるとか・・・「生活習慣病」予防に効果ありだそうです。

 ところで、昨日「基本健康診査」と「胃がん検診」を受けてきました。バリュームがまだお腹の中に残っているようで私も米ぬかを飲んで見ましたが、効果のほどはどうかな?  結果が送られてくるまで約1ヶ月。加齢と共に異常が見つかるので不安です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

テンペ

Photo_10Photo_11数年前から地元農協の農業祭りで試食販売を横目に大豆の発酵食品ということなので、納豆と同じかなと思ってためらっていました。ところが最近知人からこれを摂取していたら体調がよくなったという話を聞きました。

好都合なことに近くの店で扱っているというので、早速購入。先ずはお味噌と粉テンペから試してみることに。お味噌汁は抵抗なく家族も毎日飲んでいます。粉の方はきな粉とほとんど変わらないのですが、牛乳などに混ぜると完全に溶けないのがちょっと難点かなと思います。

ちなみに今まで試みたもの、夫の肥満解消にと注文した「ビール酵母」、これはにおいと味がダメですぐ止めてしまいました。青汁は今は寒いので休止中。寒天は時々炊飯の時入れて摂取。そしてこの粉テンペ、牛乳や料理に混ぜて・・・何事も三日坊主で終わる私ですが続けてみたいと思っています。とりあえず買ってきた分は残さないようにしないとね♪

ブログ、変えてみました。年甲斐もなくかわい過ぎ (・・*)ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)