« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

もう少し待てばよかった(;>_<;)

2009suika1_2直径30cm位、重さ5・9キロ
いt
素人の初めての試みにしては順調に育ちました。
毎日毎日触ったり音を聞いたりして楽しみにしていました。

今朝ポンポンとたたいたら、今までの音とは違ったような・・・
それに急に大きくなったこともあり、せっかちな私は待ちきれなくてついに「チョキン!」

2009suika2_3夫の見守る中、緊張して包丁を入れました。
「あーーー!」いま少し早すぎました。種は白く果肉はまだ真っ赤に熟していませんでした。
でも、手塩にかけてここまで見守ってきたので、愛おしくもあり二人で食べましたよ。
思ったより甘く、水を飲むよりははるかにおいし い。
このあとも次々に食べごろを迎えるスイカ、
第一号は勇み足でしたが、今度こそ慎重に見極めておいしく味わいたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

二胡、長~いお休み

来月から2ヶ月間、二胡レッスンが4回お休みになります。
先生が中国、四川省に里帰りされるからです。
詳細は分かりませんが、先生はこちら(私の町の隣町)の男性と結婚されているのです。
お子さん二人は中国で教育を受けているようです。

私はいつもリズムが合わない、音程が安定しない、出始めの休符(裏拍)が合わないなどよくできたと言われたことがありません。
レッスンの帰り道はいつも泣きたい気分です。
音楽の素質がないことは分かっていますが、ここで諦めるわけには行きません。 でも、意志薄弱な私ですので、これから70日もの間一人で練習することができるかどうか、とっても不安です。

そんな折、わが町を訪れていた作曲家の三枝成彰氏の言葉に励まされました。
「音楽をやっていて辞めていく人は『私には才能がないから』と言うが、
才能が無いのではなくて、努力が足りない」のだと・・・ “思い続ければ願いはかなう”とおっしゃっていました。
もちろん、思い続けても誰もがみんな願いが叶うわけではありませんが、私はやっぱり二胡が好き。
才能に恵まれていなくても楽しく弾きたい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

無事巣立ってね。

200953120096 

200966200966_2

朝夕、この空き地の草取りをしている夫が先日鳥の巣を見つけた。
この丸い印の辺りに近づくと、小さな鳥が必ず威嚇してくるので
不思議に思っていたという。
そして、この卵を発見。鳥が好きな私に教えてくれた。
5月31日に4コあった卵・・・今朝は1コしかなく、猫にでも取られたのかしらと心配していたら、
(*'▽'*)わぁ♪可愛いヒナが2羽生まれていました。
まだ産毛で、飛べませんが、チョコチョコと走るのです。
私がそっと近づいてもすぐ察知して、何とうずくまってピクリとも動かなくなってしまいます。
まるで死んだふりをしているような様子。
これがとっても可愛くて私はついおしりをつついてみましたが動こうとはしません。
地面と同じような色なので敵から身を隠すのかもしれませんね。
でも、無防備な土の上、空からも草むらからも襲われるかもしれません。
早く飛べるようになって無事に巣立ってほしいと祈る気持ちです。

ちなみにこの鳥の名前は、夫は子供の頃から「川原チュンチュン」と呼んでいたというので、検索してみたらどうも「セキレイ」の仲間らしい。
でも、こんなところに巣を作るのは珍しいのではないかしら。
当分目が離せなく。なりました。
目下メダカの赤ちゃんも増えていてこれも可愛くて、ながめていると時間の経つのも忘れます。

20096_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »