« 絵手紙の時間に | トップページ | 墓前にて »

弥生三月・・・忘れられない日

この時期になるといつも長男の卒業の日を思い出します。おそらく一生忘れることはないでしょう。以下は卒業を前に「巣立ち」と題して私が寄せた拙いコメントです。

 “わが子が専攻科に入学以来早くも三年。いよいよ巣立ちの時を迎えました。さまざまな思いが脳裏をよぎり、親として感無量です。

  高校卒業後、大学生活への夢を膨らませていた矢先の発病でした。「なぜ、よりによって原因不明の難病に」と運命を恨んだこともありました。苦しい闘病生活に対する苛立ちや不安から、息子は自暴自棄に陥り、笑顔をなくしていきました。こんな姿を見るにつけ、一すじの光を見出してくれればと盲学校への入学を勧めたのです。

 当初は、環境の変化になじめず、無気力な態度にやきもきさせられたこともありました。しかし、先生方の親身なご指導のもと、良き友に支えられ貴重な体験をすることができました。三年の歳月を経た今、自立を目指したくましく成長したことを嬉しく思います。

 今後は社会の荒波にのまれることなく、自身の職業に誇りを持ち、他人の痛みが分かる人間になるよう願っています。そして、自己を高めるべくたゆまぬ研鑽を積むよう期待しています。

 盲学校卒業後、寄宿舎で寮母として世話をしてくれていた女性と結婚、6年前に小さな治療院を開業、一人で頑張っています。あれから20年近く、私にとってはあっという間でしたが、息子には長い道のりだったと思います。この春には狭いながらもマイホームが完成。 親としてできる限りの応援を考えています。

2007koyuback この子は長男が結婚の時、私たちにプレゼントしてくれたので、長男の名前にちなんだ名前をつけました。昨日久しぶりにシャンプーしてさっぱり。前からは難しいので後姿を描きました。

|

« 絵手紙の時間に | トップページ | 墓前にて »

日記」カテゴリの記事

コメント

たえさんのコメントを読み泣けました。
大切な我が子を思う気持ち、母の気持ち、痛いほどわかります。
息子さんもよく立ち直りご立派に暮らされていて、ご家族の力も大きいかと想像しています。
いつまでも応援し見守りたいものですよね。
母親は特にそういう気持ち大きいのではないかしら?
ワンちゃんはご長男さんからのプレゼントだったのですね。
愛しさが募りますね。
こゆきちゃん、後姿も可愛いわ。
とてもよく描かれていると思います。
たえさんの愛情も垣間見ることが出来る素敵な絵でした。

投稿: はる | 2007年3月 4日 (日) 午前 06時41分

たえちゃん
息子さんの突然の病気にどんなに胸を痛められたことか、想像以上の辛さだった事でしょう。
親子でそれを克服されて、息子さんはよき伴侶と自立され、家も完成とは素晴らしいがんばりですね。
お話を読んでいて泣けてきました。
忘れられない弥生、本当に感慨深いものがおありと思います。

投稿: salasala | 2007年3月 4日 (日) 午後 10時40分

はるさん、読んでくださってありがとう♪(v^-^v)♪
息子は、視力を取り戻して大学に復学できるという希望に支えられていたから半年余りのつらい治療にも耐えました。
でも、治療の甲斐なく盲学校への道しかありませんでした。
息子が手術室から出てきた姿に「自分の目をやりたい」と言って
涙していた私の母は1週間後に突然他界。
今の息子の姿を見たらどんなに安心することだろうかと思います。
これからも平坦な道ばかりではないと思いますが、
乗り越えてくれるものと思います。
私も取り越し苦労はつきませんが、肩の荷が軽くなったような気がします。

投稿: たえ | 2007年3月 5日 (月) 午前 02時42分

salasalaさん、( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
どこの家族でも色々問題はあるでしょうが、家族が病で苦しむ姿を見るのが一番辛いように思います。
苦しんでいる息子にかけてやる言葉が見当たらなくて「明日こそはもう少しよく見えるようになるよ」としか言えませんでした。
不運にも障害者となり、鍼灸師としての道に進むようになって、
心が丸く、人を思いやる気持ちが強くなったように思います。
これも息子の運命。受け入れていくしかありませんからね。
salasalaさん、母親の泣き言を読んで頂き、ありがとう。

投稿: たえ | 2007年3月 5日 (月) 午前 03時04分

たえちゃん
 忘れられない弥生三月に素晴らしいメニューができましたね。あんなに沢山の絵が舞台に登場して素晴らしい!
見ていてとても楽しく、ほほえましくなりました。なぜか筍の絵が特に印象に残りました。ニ胡の絵は音の流れている様子の線?あれが微妙で面白く、勝手に音を想像しました(^^♪
 これからも楽しみにしていまーす。
 

投稿: salasala | 2007年3月 9日 (金) 午前 07時14分

salasalaさん、( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
 へたな絵、見て頂きありがとう。
久しぶりのタグで思い通りに配置できなくて
何度も何度もやり直し、もたもたしてしまいました。
タグの使い方ってほんとに難しいですね。

 筍の絵は大き過ぎるくらいに描いたので、
特別目立つのでしょうね。
二胡ははがきではなく、薄い和紙に描いたものです。スキャナーで取り込むとあんな風にしわのようになってしまいます。
 
 昨夜、二胡の自主練習に行って来ましたが、
練習中、一人の人が話し始めた世間話が延々と続き、私には知らない人のことなので、眠くなってしまいました。
3月22日今年度最後の講座です。
一年間に習った曲を一通り弾くことになっています。
もちろん一人ではなく合奏です。
4月からの申込もすませました。
来年はもっと難しい曲が弾けるようになるといいな。

投稿: たえ | 2007年3月 9日 (金) 午後 10時15分

たえちゃん
爽やかなブログですね。ガーベラかな?
こんなふうに両サイドにも絵の入っているプレート、これいいね、素敵です。
それと赤い洋服着たお兄さん?おじさん?えーとなんだっけ?
こういうのも面白いねえ。
ちょっと前、スイトピーを見たような気がしたけど、出してなかった?
どこかよそだったか?いや、ここだったような・・・。

投稿: salasala | 2007年4月 8日 (日) 午後 11時19分

思い出した、思い出した!
白雪姫に出てくる小人さんだ。ディズニーのきれいな漫画映画(アニメと言わないところが頑固年寄り?(^。^)が懐かしい~。

投稿: salasala | 2007年4月 9日 (月) 午前 10時10分

 salasalaさん、ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
長くブログの更新さぼってるのに、のぞいてくれてありがとう。
春は何かと雑用が多くついついご無沙汰してしまっています。
きょうは実母の20回目の祥月命日、昨日投票やらで行きそびれた
ので、墓参りに行って来ます。

 (^ー^* )フフ♪salasalaさん、さすが~~。
このテンプレートは「大人の雰囲気をイメージした花をモチーフに
デザインされていて、ブログを読む人に安らぎを与えるテンプレート」
ですって♪
マーガレットと白いツバキかな?それともムクゲかな?
どうぞ安らいでくださいね。

 あの絵手紙のおじさんね・・・
一応ガーデン用のこびとのつもりなんですよ。
もう少し優しい顔に描ければよかったんだけど、ちょっときつい顔になってしまって・・・
salasalaさん、見てくれてたんですね。
スイトピーもちょっと出しましたが、取りかえてみました。
やっぱり、春らしくお花がよかったかなあ。
でも、salasalaさんに気付いてもらって嬉しかった。
 はるさん、早く元気になってくれるといいですね。寂しいね。

投稿: たえ | 2007年4月 9日 (月) 午前 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14660/5554920

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生三月・・・忘れられない日:

« 絵手紙の時間に | トップページ | 墓前にて »