« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

ぐうたら主婦

Photo_11我が家ではパンは週2回位焼いている。焼いた直後は本当に美味しいけれど、時間が経つとやや硬くなって夫には不評である。レンジでちょっとだけ暖めるか、トーストすると美味しく食べられるのだけどね・・・。  私の焼くパンは中に入るものがレーズン、クルミ、チョコチップ、たまに粒あんが入ったりするだけで、見るからに美味しそうな菓子パン類は私の技術では無理なのです

Photo_13

暖冬の影響で早くも庭の草が目立ってきました。いつもなら暖かい日には草取りをするし、草取りは嫌いではないのですが、なんだか気が乗らないのです。外出もせず、家の中ばかりで過ごしているというのに何と無為に時間を過ごしていることか・・・情けなくなる  ヘ(´o`)ヘ とほほ・・・・

Photo_15 昼間テレビを見ていたら、「夫がいる主婦は夫がいない主婦よりも長生きできなくて、逆に妻に先立たれた夫のほうは妻がいる夫より寿命が短い」という調査結果が出たそうだ。 (・c_,・o(-c_,-o)ウン うなずける。私、悪妻だわね。                                    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

前途多難の予感

七草を過ぎた頃、今年もまた風邪をひいてしまい鼻水とくしゃみで散々でした。さらに、朝のゴミ出しの時自転車で転倒、脛を擦りむいてまだ治りません。年を取ると傷の治りが遅いようです。

そしてまた失敗というか幸いというか、県民局へ行ったときのことです。車から降りた際バッグから財布がころげ落ちたことに気付かずそのまま用事を済ませて出てきたら、ヽ(*'0'*)ツ ワァー!! 私の財布がぽつんと落ちていた。中の物も無事でした。人の出入りもけっこう多いのに誰の目にも触れなくて本当によかった。誰かに拾われていたらと思うとぞっとします。

また数日前には夫が釘を踏み、足の裏が腫れて化膿しそうだと言って医者へ。そして今度は私が眼科を受診。最近目がしょぼしょぼして涙目になるのです。医者の診断では目には水と脂があるのだそうだが、その脂が少なくなっているので、目が乾燥するのだそうな。冬場は特にそういう症状が出やすいので、加湿器の使用をすすめられました。とりあえず目薬をもらって帰りましたが、加齢とともに体のあちこちが故障して情けないことです。今月医療費の領収証がすでに4枚になりました。ちなみに去年の分は合計したら8万円余りで医療費控除には該当しませんでした。

そうそう、ちょっと笑える話をひとつ。夫が釘を踏んだという日、「金づち」を出せと言うのです。何に使うのかと思いきや、何と、釘が刺さったところをつちでたたいています。こうすると早く治るという子供の頃からの迷信を本気で信じているようです。頑固で私の忠告なんて聞かない人なのに、笑っちゃいますよね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小正月

元日の大正月に対して小正月。「女正月」ともいうようです。
正月中、女性はなんだかんだと却って忙しく、ようやくほっと一息つける頃ということのようです。この日には小豆がゆを食べると、一年間の邪気を払い万病を除くと言われています。このしきたりにのっとり我が家は夕食に食べました。

夫はきょう、昼食後お菓子を一袋食べ、みかん(LL)を3個、そして夕食前には私がわんこの散歩に出た留守にゆで卵を自分で作り、なんと4個も食べてしまったのです。私が帰った時「もう少し遅く帰ればよかったのに・・・」と悪態をつきながら((美´~`味))モグモグ 食べている最中。せめて2個でやめるようにとの私の制止も聞かず、ぺろりとお腹の中に入れてしまったのでした。それから夕食までごろんと横に・・・その姿はトド。  「今に脳梗塞になるよ」と言っても危機感がまるでない (^--^#)ムム

こんな大食漢の夫と一緒にいるとで私はストレス太りしそうε-(´・`) フー  七草粥だの小豆がゆだの作って万病に罹らないようにと祈っても、無駄骨というものなのです。P1150004 でも、おかゆ美味しかったd(*⌒▽⌒*)b

危うく食べられそうになって、あわてて写したので映りが悪かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初読書

Photo_33 「名もなき毒」 この本は人気があるようで3ヶ月前に図書館に予約していたのが、年末ぎりぎりに順番がきました。年末年始は何かと忙しく、ゆっくり本を手にすることができませんでした。3日は夫の食事の世話以外全てのことに目をつぶって読み終えました。我々が普通に暮らしている社会にも、あらゆる形で毒が潜んでいる。怖いことです。さすが、読み応えがありました。

もう一冊は三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」主人公多田が便利屋の仕事を通して、色々な人達のさまざまな問題に関わっていく。読み進むうちに引き込まれおもしろく読めました。

ところで先日テレビで映画で盲導犬の「クイール」を観ました。これは2年程前映画館でも観、本も読んでいましたが、犬好きの私はまた引き込まれてしまいました。そしてまた泣きました。我が家の愛犬も14才、かなり年老いてきました。考えたくありませんが、遠からず別れが来ます。その日が来るのが怖いです。岡山市では15才以上の犬は飼い主と共に表彰されると聞きましたが、うちの子(犬)も今年8月で15才になります。

1_3 最近耳が聞こえなくなって大声で呼んでも反応がありません。かろうじて目は見えているようですが、足も弱くなり長い時間の散歩はつらいようです。散歩以外一日のほとんどを眠っています。でも、夕方の散歩を楽しみにして待っている姿、いじらしいです。

今日は風もなく陽だまりで気持ちよさそうにごろんと寝そべっています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

七草

Photo_31

今朝は雪景色、お昼前まで降り続き大雪になるかと思いきや、太陽が照り始めるとあっという間にに解けてしまった。画像は我が家の裏の様子。

お正月気分もまだ抜けきらないのに、今日はもう七草。きのう家の周りを探したけれどハコベとナズナ、そしてゴギョウは容易に見つけることができたし、スズナ、スズシロは冷蔵庫の中から調達できる。でも、ホトケノザ(コオニタビラコ)が見分けがつかない。水辺のセリは手が届かないし・・・。

Photo_32 ということで、今年はスーパーで手軽な七草セットのパックを買って来て、少し遅めの朝食に。一年間の無病(一病)息災を祈りましょう。

胃にやさしく、年と共に素朴な味が美味しく感じられるようになりました。息子達は食べてないだろうなぁ。この慣わし、若い世代の人たちにも大事に伝えていってもらいたいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年、始まりました

2007_2 新年おめでとうございます                      あっという間に3が日も終わりです。そろそろ気分を切り替えないといけませんね。

年末、私が妹に「おせち料理の煮物など多めに作ってあげるから取りにおいで」と言った手前、どうしても31日の夕方までには仕上げなくてはならなくなった(例年ならのろまな私は年が明けてもまだおせちが全部出来上がっていない状況)

2007_3

 30日、数の子、黒豆、栗きんとんを仕上げ、菊花かぶ、昆布巻き、蓮根、ごぼう、こんにゃく、たけのこ、ニンジン・・・鍋を総動員してこれらを別々に煮含めて冷ます。

31日朝、足りない物の買出し、そしてブリの照り焼き、エビの照り煮など、座る間もなく働いた。夫はといえば、テレビの前でせっせとみかんを食べている。。「あ~あ、女手があればなあ・・・」と嘆いてみても詮無いこと。頑張って手を動かすしかないのです。

その甲斐あって、夕方には姪に持ち帰らせることができました。すぐに年越しそばの準備。今年は「紅白歌合戦」も満足に観ることができませんでした。

主婦にとってお正月は普段より疲れる日。いつもながらお客然として待っている嫁にちょっぴりいやみも言ってしまい、(m。_ _)/ ハンセイ  美味しいと言って食べてくれる家族のために料理ができることは幸せだと思わねばね。

3日になってやっと一息つけましたε~( ̄、 ̄;)ゞフー  

          

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »