« 久しぶりに | トップページ | こゆきの不運 »

初物を食べて

2006 スーパーに並んでいる筍を横目に、今日か明日かと届くのを待ち焦がれてたんです。 今年は寒さの影響か不作だとか、それに例年より遅いような・・・でもやっと頂きました♪ ありがたい事です。

筍は鮮度が命!米ぬかとたかの爪をたっぷり入れてやわらかく湯がきました。そして先ずは「筍ごはん」 3合のごはんはたちまちみんなのお腹の中へと消え、私のお茶碗には少~し。また作ろっ!明日は「木の芽和え」にしようかなあ。

Photo でも、湯がく前に絵手紙に描いておかなくっちゃね。いそいそと墨をすり先ず一枚。出来はどうであれ、大きく描きました。実物より大きいかも?

|

« 久しぶりに | トップページ | こゆきの不運 »

手作りパン・料理」カテゴリの記事

コメント

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
(*'▽'*)わぁ♪筍をもう食べたのですね~
筍ごはん とっても美味しそうですね。
ご家族にも好評で、毎年ご家族はたえさんの作る筍料理を楽しみにしているのでしょうね。
手を掛けた分、心を込めた分、ぐっと美味しさが増しますね。

こちらではあまり、丸ごと筍というのは見かけないです。
置いてあるところには置いてあるのでしょうが、高価だし自分のうちで湯がいたりと考えると億劫さが先に立ち(^^;;
絵手紙もすごく良いですね。
筍さんが、食べて欲しがって居ます。
旬のものを食べるって体に良いそうですし。
昨日の朝、筍ずくしをテレビで観ました。
筍を掘らない状態のまま、真っ黒状態に焼いて剥いて食べて居ましたがとても美味しいそうでした。
筍は鮮度が命!というのが分るきがしました。
木の芽和えも美味しそう♪
たえさんはいつもしっかり手をかけるからすごいなって尊敬しています。

今日は7時から町内の清掃作業です。

投稿: はる | 2006年4月23日 (日) 午前 06時02分

立派な筍が描けましたね~♪
それにおいしそうなこと!
スーパーでは小さなものしか売っていないし、
それに高い!
・・・と言うわけで我が家の食卓にはまだです。
早く私にも届かないかな~♪
でも、届くあてが無いのが悲しい^^;

母へのお言葉ありがとうございました。
たえさんのお母様と同じ月が命日になりました。

投稿: hassi-haha | 2006年4月23日 (日) 午後 09時14分

はるさん、いつも気まぐれなブログを見に来てくださりありがとう<(_ _*)>
昨日は町内の清掃作業、お疲れ様でした。
そして上半期の町内のお世話、ご苦労様です。頑張ってね♪

隣町の真備町が全国的にも有数の筍の産地なので
この季節になると道路沿いのあちこちで直売されていますが、
やはり初物は高いです。
あり難いことに我が家は竹やぶを持っている知人から毎年頂けるのでいつも心待ちにして待っています。
ぬかは自動精米所から無料でもらってきていつでも準備OK!(・・*)ゞ
焼き筍という食べ方もあるんですね。掘り立ての筍はそのままお刺し身でも食べられるようですよ。天ぷらも美味しいです。
生から湯がいた筍は水煮の物より風味が違います。
この時期だけの味わいです。
孟宗竹とか破竹とか、竹にも色々ありますが、
そちらでは竹やぶが少ないのかな?

投稿: たえ | 2006年4月24日 (月) 午後 03時19分

hassi-hahaさん、お母様本当にご愁傷様でした。
ご冥福をお祈りいたします。
法要までしばらくは何かとお忙しいこととお察しいたします。
お父様のこともご心配でしょう。どうぞお疲れが出ませんように。

私の母の命日は4月9日、いい時候だったことが
迷惑をかけることの嫌いだった母にとっては
救いだったのではと思います。
でも、誰にも看取られないで逝ってしまった母の無念を思うと
今でもまだ涙が止められません。
母親の存在は本当に大きいですね。

投稿: たえ | 2006年4月24日 (月) 午後 03時38分

ごちそうになる前にしっかりと絵に書いて、さすがですね。
おいしかったでしょう。(^^♪

おかあさんの家のこと、本当に心配ですね。
よい解決ができますように。
そんな心配の中、ちょっと気持ちを鎮めさせてくれる二胡とはがき絵、ずいぶん助けられてますね。本当によかった!
元気出してね。

投稿: salasala | 2006年4月25日 (火) 午後 01時51分

salasalaさん、ご心配いただきありがとう。
義母の家、落札したのが不動産屋なので買い戻すには倍額ほど
必要になるようです。
我が家も、義兄が始めた会社の土地建物が他人に渡るのが忍びないらしく、競売に掛かったのを買い取り、
工場を解体したり税金を払ったりと・・・
夫の言うままにしたのでもう余裕はありません(>_<)
今となっては成り行きに任せるしかなさそうです。

投稿: たえ | 2006年4月27日 (木) 午前 12時14分

我が家もついにいただきました~、新筍を!
職場の同僚から茹でたのをいただきました♪
さっそく食しましたが、おいしかったです~!

たえさんのお母様と同じく、
うちの母もひとりで息を引き取ったのです・・・。
そのことを思うと辛くて泣けてきます。
でも、たとえ家族と一緒に住んでいても、
そういう最後はありうることなのですよね・・・。

投稿: hassi-haha | 2006年4月28日 (金) 午前 12時04分

新筍はやっぱり風味が違いますよね。
うちも昨日3度目、やや大きくなったのを頂きました。
今朝から鍋2個で湯がきました。
そして夕食はまた筍ごはんと筍の天ぷら、
昨日は木の芽和えと若竹汁と連日筍攻めです。

hassi-hahaさんのお母様も誰にも気付かれないまま
旅立たれたのですね。
娘として残念で辛いお気持ち、本当に良くわかります。
私も生前の母の姿が今でも脳裏に浮かんできて、
たまらなく寂しくなることがあります。母は67才でした。
私もその年令に近付き、改めて早すぎる死が悼まれます。
私にとって父親よりも母親にはもっと長生きして、
視力を失って心配をかけた孫(私の長男)の今を見せて
安心させてあげたかったです。

投稿: たえ | 2006年4月28日 (金) 午前 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14660/1494947

この記事へのトラックバック一覧です: 初物を食べて:

« 久しぶりに | トップページ | こゆきの不運 »