« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

マイ二胡

Photo

練習用の二胡です、少し大きい和紙に描いてみました(* v v)。

一年間、町で借りて練習していた二胡ですが、一年経ったのを機に自分の二胡を持ちたくなりました。かといって、ネットでさがしたり、楽器店で買い求めるのも少々不安。

そこで思い切って川崎市の先生に電話。最後の講座の日に適当な二胡を選んでいただくようお願いした。先生にはかなり迷惑だったかなと後で反省したが、言っちゃったことは仕方がない。期待の方が大きい。

練習用は2~3万円位であるらしいが、私はもう少しだけ高くてもいいかなと希望しています。価格はピンからキリまでで講座生のなかにはなんでも、20万円以上の二胡を持っている人もいるそうな・・・。その人は上級者で中学校の音楽の先生だと聞いて入るので、納得!納得!

今はフォスターの「スワニー河(故郷の人々)」を練習中。相変わらず家族にとっては耳障りな音でギーギーと。今はいい音色が出ないのは借り物の二胡だからと二胡のせいにしているが、自分の二胡になったらどう言い訳しようか/(-_-)ヽコマッタァ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

テンペ

Photo_10Photo_11数年前から地元農協の農業祭りで試食販売を横目に大豆の発酵食品ということなので、納豆と同じかなと思ってためらっていました。ところが最近知人からこれを摂取していたら体調がよくなったという話を聞きました。

好都合なことに近くの店で扱っているというので、早速購入。先ずはお味噌と粉テンペから試してみることに。お味噌汁は抵抗なく家族も毎日飲んでいます。粉の方はきな粉とほとんど変わらないのですが、牛乳などに混ぜると完全に溶けないのがちょっと難点かなと思います。

ちなみに今まで試みたもの、夫の肥満解消にと注文した「ビール酵母」、これはにおいと味がダメですぐ止めてしまいました。青汁は今は寒いので休止中。寒天は時々炊飯の時入れて摂取。そしてこの粉テンペ、牛乳や料理に混ぜて・・・何事も三日坊主で終わる私ですが続けてみたいと思っています。とりあえず買ってきた分は残さないようにしないとね♪

ブログ、変えてみました。年甲斐もなくかわい過ぎ (・・*)ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

絵手紙講座最終日

今年度最後の絵手紙講座の日でした。先月以来一枚も描いていないのではあまりにも恥かしいので、昨夜慌てて描きました。

相変わらず進歩の跡が見られませんが、まっ、それは気にしてもどうしようもないこと。一年間休まず出席できたことだけで自己満足しています。       

ところが突然、3月に講座が開かれている美術館のロビーに、一年間の作品を展示すると知らされました。これまでたった11回しかなかったから、10数枚の作品しかないないのです。3月の8日までに最低でも10枚は描かないと・・・今まで家でもまじめにこつこつ描いてなかったことを(m。_ _)/ ハンセイ

新年度の申込者が12人に満たない場合、この講座は開講しないということらしい。現在の受講者が12人だから、全員止めなければ大丈夫だろうと私は楽観していますが、どうかな?それに新しく入ってくる人もいるだろうし・・・。

一年目は落ち着いて筆を持つ時間がほんとにすくなかったので、2年目はもっと味のある文字が書けるようになるのが課題です。

まだまだ下手ですが、最新の3枚です。          Save0002_3     Save0001_3 Save0003_3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スウィーティー

Photo_22_5最近良く見かけるイスラエル産のこの果物を頂いたので早速味見♪ 

「何、これ!」 分厚い皮をむいて果肉を取り出して思わず発してしまいました。

果肉の小さい粒がパサパサしていてジュースがない。これではお礼状に書く言葉が見つけられない~。 

この果物・・・グレープフルーツとブンタン(別名ザボン、ボンタン)の交配種で、“あたり”“はずれ”が。あるようです。

幸い今のところ、最初口にした1個だけが不味かったようで、2個目からその名のとおりフルーティー♪ 酸っぱくなくてとっても美味しい♪ 妹にもおすそ分けしてて喜んでもらって (´▽`) ホッ  

残っている中に、はずれがありませんように(m。_。)m  美味しい贈り物に(^人^)感謝♪ 

                                                                                                                                                                                                                                             

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »