« ベートーベンの「歓喜の歌」 | トップページ | 初春を迎えて »

結婚式に思う

2_1 クリスマスイブの記念すべき日、甥の結婚式に出席。
チャペルでの挙式は初めてなので楽しみにしていました。
パイプオルガンの生演奏に乗せて「きよしこの夜」のコーラスにうっとりするなか、式は厳かに進められました。
新婦に腕を貸して入場する父親の緊張した顔とは対照的に新婦の笑顔は幸せ一杯に輝いていました。
外国人の神父さんが二人に贈った聖書の言葉
“あなた自身を許すように相手をも許しなさい”
この言葉に胸に迫るものがありました。
我々も初々しかったあの頃に戻れるものなら、もう一度やり直したいとかなわぬことを考えてしまいました。
ところで、息子の晴れの日にと思って新調したままたんすの肥しとなっていた留袖が今回やっと日の目を見ました。
今度はぜひ我が息子の晴れの日にと願う母心は息子には届かない。
着崩れしたのかおしりのしわが気になるけど
古典柄の帯が気に入って買ってしまったので、この機会に後姿をお見せしちゃおうかな(*・・*)ポッ
前日行った美容院ではあいにく先生が取り込み中でばたばたしていて、途中からいろいろな人の手にかかり、いつも以上に気に入らないヘアスタイル。
もう一度駆け込みなおしてもらったけど、一度うまくいかなかったものはもうだめ。
なんだか短くなりすぎていて襟足が変!!

|

« ベートーベンの「歓喜の歌」 | トップページ | 初春を迎えて »

日記」カテゴリの記事

コメント

たえちゃん、おはよう!
ゆうべはココログは混んでいたらしく、コメントがなかなか書きこめなかったので、画像掲示板に入れておきました。
結婚式がすんで今朝は良い寝覚めだったかな?(^_^.)

投稿: salasala | 2005年12月26日 (月) 午前 07時34分

salasalaさん、~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
画像掲示板の方にお返事書いてきたところです。
ほんとにご心配をかけました。 ごめんなさいね。
家族以上にありがたく(^人^)感謝です♪

昨日はブログの編集がどうしてもうまくできなくて、
気になって朝刊がが届く頃まで起きていました。
きょうは午後、実家の方のお寺さんがみえるので慌てて掃除です。
何にもお正月の準備ができてないのに、もう1週間ないのですね。
今年は調子が出ないです。
長男の嫁からおせち料理を頼まれてしまったけど・・・どうしよう/(-_-)ヽコマッタァ

投稿: たえ | 2005年12月26日 (月) 午前 08時46分

たえさん (*^ー゜)ノ コンニチハ☆
ばたばたしている間にブログ変えていたのですね~
たえさんの素敵な後姿にうっとりしていました。
出来ることなら前も見たいななんてね(*^^*) フフフ
素敵な留袖姿にもうっとり♪
今回のご夫婦揃っての出席でご主人様も少し良いほうへと変わってくれると良いですね♪

投稿: はる | 2005年12月26日 (月) 午後 03時32分

はるさん、( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
体調はよくなりましたか?
雪かきの重労働に加え、里美ちゃんの耳鼻科通院などで、心身共に大変そうで・・・
年末の家事など計画がくるって気が気でないでしょうが、お体が第一、
体がつらいときは休んでくださいね。

私の着物姿は息子の撮り方が悪くやや太って見えます。着付師の方は着崩れしないと言っていましたが、後ろが下がって踏みそうになりました。
前からの写真は顔のしわが~、とてもお見せできる出来ではありません。留袖の柄は好きなんですけどね。

はるさんにも、泣き言を言って心配をおかけしました。
結婚式に出席したことで夫の気持ちも多少ゆるんできたようです。
でも、逆切れが怖いので言いたいことも言えません。

投稿: たえ | 2005年12月27日 (火) 午前 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14660/153411

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式に思う:

« ベートーベンの「歓喜の歌」 | トップページ | 初春を迎えて »